制汗剤は毛細血管を収縮する役割

体臭で悩んでいませんか?

汗や匂いが気になるとどうにか対策したいと思いますよね?それにはいろいろなやり方がありますが、ここでは制汗剤を使った対策について解説します。

制汗剤の役割とは

制汗剤とは汗を抑える薬剤の事です。

肌に直接つける事で有効成分が毛細血管を収縮して汗の発生を抑えます。そのため制汗剤を使うタイミングとしては汗が出てからではなくて、汗をかく前に使う方が効果があります。

制汗剤を使う人は学校へ行く前とか職場へ行く前とかの朝に使う人が多いでしょう。

特に汗をよくかく時期には朝シャワーを浴びる人もいますが、実は朝シャワーに入った後に制汗剤をしても汗や水分が汗腺を塞いでいるのであまり効果は期待できません。

制汗剤は24時間は効き目があるようなので、発汗を抑えるには夜寝る前に制汗剤を利用すると効率的です。なお、この使い方なら朝シャワーに入っても制汗剤は流れてはいかないそうです。

体臭レベルで制汗剤の使い方は変わる

誤解してはいけないのは制汗剤は使えば使うほど効果が上がるというものではありません。逆に間違った使い方をした場合には余計に体臭を強くする事になりかねません。

どういう事かというと、制汗剤を大量に使う場合は皮膚表面にいる常在菌を死滅させる事になります。これでは悪玉菌が増えて匂いがきつくなる事があるので気を付けてください。

制汗剤を使っているのになぜか匂いがもっとひどくなったという人は、この事を疑った方がよいでしょう。また、体臭の程度は人それぞれです。そのレベルに合わせて制汗剤は変える必要があります。

ワキガ体質の人の場合には肌にしっとり塗る事ができるロールオンやクリームタイプが良いでしょう。

この時、無香料を選択した方が良いです。ワキガの匂いは他の香りでも消えるものではないので、2つの香りが入り混じりさらに強烈な匂いになってしまいます。

次に軽度から中程度の人の場合にはスプレータイプが良いでしょう。効果をアップさせるためには吹きかける前によく汗を取り除いておきましょう。

肌が乾燥している状態の方が効果が高くなります。そして体臭が特段ひどくない場合にはシートタイプでさっと拭く程度でかまいません。

汗の事で悩んでいた人はここに挙げた方法を試してみてその効果を実感してみてください。