加齢臭をできるだけ減らすために注意すべき点

30代を過ぎると、自分の体の臭い、いわゆる加齢臭が気になり始めます。

加齢臭は、男女問わず大きな悩みになる問題ですが、特に30代以降の男性にとっては、かなりの深刻な問題でしょう。加齢臭を自覚している場合は、仕事中も同僚と近距離で話したり会議をしたりすることにも消極的になってしまいがちですので、社会人としてのキャリアに直接影響を与えるような問題です。そこで、加齢臭をできるだけ減らすためには、どのような点に注意すべきでしょうか。

まず、なるべく早く専門家の意見に耳を傾けることです。加齢臭という問題の性質上、一見単なる体臭の問題で、市販のデオドラント商品などによって解決できるものだと思われがちです。しかしながら、加齢臭という問題はそんなに簡単な問題ではなく、皮膚科などの医師による専門的な知識によって解決されるべきレベルのものなのです。

専門家の意見を聞かないまま、テレビやインターネットで収集した不完全かつ信頼性の不十分な情報に基づいてセルフケアをすることは、かえって逆効果の場合もありますし、費用も無駄にかかってしまいます。そのような愚かな行動を取らないためにも、まずは専門家の意見に耳を傾け、ともに対策を考えることが極めて重要です。

次に、専門家の意見をしっかりと聞いて、対策を確立した後は、それらの対策に地道に取り組むことが重要です。体臭、加齢臭という問題は、あらゆる治療法があります。たとえば、内服薬を処方されれば、医師の指示を忠実に守って、しっかりと内服薬を飲むことが重要です。また、外用薬を処方された場合は、コツコツとセルフケアを行うことで結果も大きく変わってくるでしょう。

このように、加齢臭をできるだけ減らすためには、まず医師に相談をして、専門的な知見から現在の自らの状況を客観的に認識した上で、医学的根拠のある対策にじっくりと取り組むことが、問題解決の最短距離なのです。決して、テレビやインターネットで得た不確定な情報に基づいたセルフケアで終わらせてはいけないのです。

消費カロリーを脂肪ではなく、エネルギーにかえてあげるとスリムに

初めてのダイエットに挑戦したが、私はこれまで数あるダイエットを試みてきたのです。

しかしどれも成功とは言えず中途半端な結果に終わります。肥満症の方、体に脂肪がつきやすい方の例は、(カロリー制限のコントロール)が上手く出来ていない環境にあります。実際に太り気味な方のお食事には、結構たくさんのエネルギーを摂取してる人が多いと言えます。

私もその1人でした、それと体質と言えばそうなのですが、体内に摂取したカロリーがそのまま体内に残り吸収されなく、脂肪として蓄積されていくことです。その原因が肥満症になる事が多いとされ、なので摂取カロリーを体の中で、しっかり消費してくれるサイクルが必要になり、とくに若い時は消費力ーが高いのですが、加齢になると消費する力も弱くなるのです。

従来に私が実践したダイエット方法は、カロリー制限を重視すること、まず食事ですが朝食はトースト2枚バターぬり、コーヒ、昼食はコンビ二のそば、夜は7:00までに食事をすませる等です。いたってシンプルすぎるほどです。

夜は夕方にハンバーグなど肉類も早めにたべちゃうと、お腹持ちもよく就寝まで間食なしで過ごせます。夏場に2カ月続けたら体重を4kも減らせたのです。もちろん運動はしておらず、走りこみウオーキングなども一切なしここでお分かりだと思いますが、カロリーの摂取と消費のバランスにあります。もちろん有酸素運動、スイミング、ウォーキングも縄跳びもダイエットには良いとお話も聞きます。

しかし長続きしない、天候も左右するとリズムも壊れて三日坊主になることも、膝は痛い腰も痛いなんて方も多いです。ダイエットを上手く効果的にする方法としては、体内の環境を改善してあげることが1番の自然な方法になります。

過酷な置き換えダイエットも厳しい、飲まず食わずな食事制限も永遠とは続きませんね、そこで消費カロリーを上手く脂肪ではなく、エネルギーにかえてあげたら、体重も落ちスリムな体系をめざせ、維持もできるようになります。

私は7か月まえからサプリでもドリンクでもなく、今新しいダイエットで評価されている漢方の防風通聖散にお世話になっています。漢方もドラックストアーには幾つかありますが、脂肪の燃焼効果にはかなり効果をもてるこの漢方、18種の生薬により、体の中から少しずつ体質を改善してくれるのです。

飲んでいきなり痩せる過激なダイエットではないので、少しずつ時間をかける健康で安心の防風通聖散ですね、便通も良くなりここ7か月で4kと減量できています。お腹の脂肪が少なくなったようですね、この漢方は太りにくい体質にかえてくれるところが嬉しいです。

レモン水を飲むことでレモンのダイエット効果を取り入れる

レモンで思い浮かべるのはビタミンCだと思います。

ビタミンCには抗酸化作用やコラーゲンの生成を促す働きがあり、美肌をサポートしてくれます。レモンは美肌によいだけでなく、ダイエットにもよい食材です。レモンをそのまま食べるのは酸っぱくて難しいですが、レモン水にすることでレモンのダイエット効果を取り入れることができます。

体内に老廃物が蓄積すると巡りが悪くなって代謝が低下します。老廃物は主に便や尿から排泄されます。レモンには利尿作用があり、たまった老廃物と水分の排泄を促します。老廃物が排泄されることで巡りがよくなり、代謝アップが期待できます。むくみの解消にもなります。消化を促す働きもあります。

毎日3食食べていて胃腸は疲れています。多い人は4食や5食も食べていて、消化にエネルギーが使われてしまい、排泄がおろそかになります。レモンの消化促進作用により、消化がスムーズになって腸の働きが活発になります。便通がよくなり、腸内環境も改善します。

ドロドロ血液は体調不良、肌荒れ、肥満につながります。レモンにはポリフェノールが含まれており、血液をサラサラにします。エリオシトリンという成分には悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化を防ぐ働きがあります。ダイエットは好きなものを食べられなかったりしてイライラしませんか。

イライラがたまって暴飲暴食につながることもあります。どうやってストレスを解消し、食べ過ぎを防ぐかがダイエットのポイントになります。レモンにはリモネンという成分が含まれていてリラックス作用をもたらします。リラックスすることでイライラによる食べ過ぎ防止になります。

レモン水は簡単に作ることができます。コップ1杯の水にレモン汁を小さじ2杯ほど加えます。常温の水やぬるま湯に入れて、紅茶などカフェインを含むもの、ジュースなど糖分を含むものは避けましょう。ビンなど容器に入ったものではなく、レモンを絞って使いましょう。朝の胃が空っぽなときに飲むと、水分摂取で胃や腸が刺激されて、腸の働きが活発になります。

筋肉痛の時に筋トレを行うことはおすすめできない

近頃は健康志向が上昇しているので筋トレをしている方や興味のある方が増えてきています。

私はスポーツインストラクターを生業にしていますが、以前は若い男性が多かったトレーニングルームは老若男女を問わず多くの利用者が筋トレをしています。多くの人に筋トレについて相談を受ける中で多いのが筋肉痛についてです。

特に多いのが「筋肉痛になってしまったが、このままトレーニングをしてもいいか。」という質問です。あくまで私個人の考えでお話させていただきます。結果から申しますと、私は筋肉痛の時に筋トレを行うことはあまりおすすめしません。

その理由は大きく分けて【安全面】【効率】の二点です。最初に【安全面】の説明をしていきます。まずは、なぜ筋トレの後に筋肉痛が起こるかですが、筋肉というものはトレーニングをすることで傷が付きます。傷付いているところは皮膚でも痛みがあります。

また、筋肉に乳酸が溜まることで本来中性の筋肉が酸性に傾き硬化してしまうことも筋肉痛の原因になっていると考えられています。筋肉痛になったことのある方はご存じだと思いますが、筋肉痛の時はその筋肉を使う度に痛みがあります。

この痛みの中で、ダンベルやバーベルを使うことは落下などの点から見てとても危険です。

自体重のトレーニングであっても痛みのためにフォームが崩れてしまうことがほとんどです。フォームを崩したままのトレーニングは関節や筋肉に対して大きな負担になり怪我に繋がる可能性もあります。以上が【安全面】からの理由です。

次に【効率】についてです。超回復理論というものをご存知でしょうか。超回復理論というのは【トレーニングの後、48~72時間の休息を取ることで筋力が上昇する現象】です。休息を必要としている48~72時間はトレーニング前に比べて筋肉が弱っている状態です。

この状態で筋トレをすることは筋肉を壊し続けるになります。完璧な状態で行う方が扱える重量や回数やモチベーションなどにも良いので効率を重視される方は是非しっかり休息を取った上で筋トレをしていただければと思います。

最後になりますが、私はクライアントが軽い筋肉痛の時は筋トレより先にストレッチ、後にウォーキングやスイミングなどの有酸素運動を行い身体を温めてから再度痛みの有無を聞きます。

温めることで痛みが軽減されることもありますが、この場合でもいつもよりトレーニングの重量は落とします。もし、筋肉痛でも運動をしたい方は筋肉にあまり負担のかからない運動をしてみるのも一つの手だと思いますのでお試しください。