わきがを抑えるために脇脱毛をする人が増えている

脇の臭いに悩んでいる人は少なくありません。

遺伝的要因が強いため、日本人の10人に1人はわきが体質であることが分かっています。汗が原因だと思っている人がいますが、そうではありません。汗を分泌するのは、アポクリン腺とエクリン腺という2つの汗腺です。エクリン腺はすべての人が持っていて、無色透明な汗を分泌します。エクリン腺から出た汗は、99%以上が水分で残りが塩分などの成分でできあがっています。

汗自体は無臭ですが、放置していると酸っぱいような臭いになり、一般的にいう汗臭い状態になります。もう一つのアポクリン腺は生まれつき持っていない人もいますが、乳白色をしていてエクリン腺とは異なり脂質やタンパク質が含まれているという特徴があります。エクリン腺と同様に、汗は無臭ですが、脂質やタンパク質を雑菌が分解することで汗とは違う独特な臭いになります。汗が分解される前であれば無臭なので、こまめに拭き取ることで押さえることができます。しかし、夏の暑い日や、満員電車の中など、人前で拭くのには抵抗があります。

わきがは体質であるので、お風呂に入らないから臭ってしまうなどの不衛生が原因ではありません。特に治療が必要なわけではありませんが、とてもデリケートな問題につながっています。そこで、わきがを抑えるために脇脱毛をする人が増えています。

一見脱毛とは関係がないように見えますが、雑菌は皮膚や毛といった部分に住んでいて、アポクリン腺からの汗を分解しています。菌の数を減らすには、住んでいるところを減らす必要があります。そのため、雑菌のいる場所になる脇の毛を脱毛することでが重要になってきます。脇脱毛はエステや脱毛サロンの他、皮膚科や美容外科などのクリニックでも受けることができます。

毛は生え変わっているので、1度の施術ではすべての毛をなくすことはできません。個人差がありますが、平均すると6回ほどの施術で毛がなくなります。通うたびに毛の量が減っていくので、効果を実感しやすいでしょう。

初めのうちはわきがが抑えられるか半信半疑に感じてしまいますが、じょじょにその効果を実感できるようになります。脱毛には時間がかかるため、施術を開始してから終わるまでには1~2年という期間が必要になります。始めたばかりの頃は、毛が減らないことに焦りを感じてしまいますが、繰り返すうちに減っていくのでそのような心配は無用です。

実際に脇脱毛をしたわきがの人の多くは、臭いが減ったことを実感しています。雑菌の繁殖が抑えられるためで、汗をかくことに対する恐怖心も薄らいでいくので、性格が明るくなったという人もいるほどです。脇脱毛には時間とお金がかかりますが、その効果は十分にあります。わきがで悩んでいる人が試す価値はあると言えます。汗を抑えるのではなく、雑菌を抑えるという新しい発想で考えると、脇脱毛と言うのはとても効果的な方法であることが分かります。

海外の人のワキガに対しての反応はどうなの?

日本でワキガというとあまり多くの人がなるものではないという認識があると思います。

人によってはおもしろおかしくバカにするような人もいないとは限りません。では海外の人のワキガに対しての反応はどうなのでしょうか。

欧米ではワキガは珍しくはない

特に欧米では日本よりもワキガ人口は多いです。

ですからワキガを病気とは思っておらずごく普通の体臭であると認識しています。ワキガの人口は人種や地域により違いがあります。

中でも比率が高いのが欧米でおよそ80%、特に黒人の人に至ってはほぼ100%がワキガ体質とされています。しかし、これは遺伝的な要素が強いので仕方ないともいえます。ワキガは優性遺伝しますから、同じ民族や地域に多いのです。

一方世界の中でワキガの人口が少ないのは東アジアです。日本人や中国人、韓国、台湾などです。ちなみに日本では人口当たり10%から15%、中国などは3%くらいです。

欧米ではワキガは普通の体臭

欧米などのようにワキガ体質の多い国では、ワキガの臭いは当たり前に生活に溶け込んでいます。

ですから、特別な事ではないのです。ワキガの人が多いですから病気などとは捉えられていません。

とはいえ欧米でも体臭対策はしています。実は欧米では日本以上に制汗剤とかデオドラント商品が売られています。香水も人気です。

来日したらワキガ手術が必要

ここに挙げたきたように国が変われば臭いに対しての捉え方は違う訳です。

ですから海外では自分の体臭に悩む事が無かった人が日本に来てから、気にしだす事があります。日本人はワキガに対して敏感なところがあるので、残念ながらワキガの臭いのせいでいじめに発展する事もあるようです。

このような事から外国人が日本に来てからワキガの手術を考えるケースが少なくありません。確かに日本人にとってはワキガの臭いは当たり前とは捉えてないですよね。海外のワキガ事情を知れば日本がワキガの人には生きにくい国であることが分かります。

大変な事ですが、ワキガ改善に努めた方が賢明と言えるかもしれません。対策はいろいろあるのですから、あきらめ必要はありません。いろいろと効果のある事を試してみましょう。

腋臭症は運動時にエクリン腺から出てくる汗の臭いとは異なる

わきがは正式には腋臭症と呼ばれ、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因となって強い臭いを発する人体体質のことです。その臭いは運動時にエクリン腺から出てくる汗の臭いとは異なる特有のもので、人や環境によって臭いは異なりますが他人に不快感を与えるものとして扱われています。

この臭いを嫌う人が多い集団の中においては、腋臭症患者は過度に自分の臭いを気にするようになり最終的には精神的に追い込まれてうつ病を併発する恐れもあるのです。

先述したように腋臭症の原因は腋窩部のアポクリン腺から分泌される汗が原因なのですが実は汗自体は無臭なのです。しかし汗が皮膚上に出てくると皮脂腺から分泌された脂肪分やエクリン腺から分泌された汗と混じり合ってしまいます。それが皮膚上に存在する細菌によって分解され、腋臭臭を発する物質が作られてしまうのです。

腋臭症の治療法は保存療法と手術療法の2種類に分けられます。

保存療法では腋毛を処理することによって腋に汗など分泌物が溜まってしまうことを防ぎ、菌の培地を減らすことで汗が分解される量を減らしてしまいます。それに併せて腋部をアルコールで消毒する事で臭い作る存在である常在菌の殺菌を行うと効果的です。

他にも、ボトックスを注入することにより、汗の分泌を促進させるアセチルコリンを抑制し、発汗量を抑えてしまう方法なども有ります。

保存療法は一時的な効果は高いのですが長続きはせず、ボトックス注射でも6カ月程度で効果は無くなります。

それに対して手術療法は永続的な効果が期待されており、剪除法は代表的な手術療法となっています。この方法は皮膚を皺にあわせて切開を行い、指で切開した皮膚を裏返し目で確認しながらアポクリン腺を切除していきます。他にも皮膚を切開せずにマイクロウェーブをワキの皮膚表面に照射し、水分と反応して熱を起こさせて汗腺を破壊する方法なども存在します。

手術療法は1度処置を行えば永続的な効果が期待できますが、若年の場合では成長途中ということもありアポクリン腺が新たに発達すると臭いが再発する可能性があるので注意が必要です。