わきがを抑えるために脇脱毛をする人が増えている

脇の臭いに悩んでいる人は少なくありません。

遺伝的要因が強いため、日本人の10人に1人はわきが体質であることが分かっています。汗が原因だと思っている人がいますが、そうではありません。汗を分泌するのは、アポクリン腺とエクリン腺という2つの汗腺です。エクリン腺はすべての人が持っていて、無色透明な汗を分泌します。エクリン腺から出た汗は、99%以上が水分で残りが塩分などの成分でできあがっています。

汗自体は無臭ですが、放置していると酸っぱいような臭いになり、一般的にいう汗臭い状態になります。もう一つのアポクリン腺は生まれつき持っていない人もいますが、乳白色をしていてエクリン腺とは異なり脂質やタンパク質が含まれているという特徴があります。エクリン腺と同様に、汗は無臭ですが、脂質やタンパク質を雑菌が分解することで汗とは違う独特な臭いになります。汗が分解される前であれば無臭なので、こまめに拭き取ることで押さえることができます。しかし、夏の暑い日や、満員電車の中など、人前で拭くのには抵抗があります。

わきがは体質であるので、お風呂に入らないから臭ってしまうなどの不衛生が原因ではありません。特に治療が必要なわけではありませんが、とてもデリケートな問題につながっています。そこで、わきがを抑えるために脇脱毛をする人が増えています。

一見脱毛とは関係がないように見えますが、雑菌は皮膚や毛といった部分に住んでいて、アポクリン腺からの汗を分解しています。菌の数を減らすには、住んでいるところを減らす必要があります。そのため、雑菌のいる場所になる脇の毛を脱毛することでが重要になってきます。脇脱毛はエステや脱毛サロンの他、皮膚科や美容外科などのクリニックでも受けることができます。

毛は生え変わっているので、1度の施術ではすべての毛をなくすことはできません。個人差がありますが、平均すると6回ほどの施術で毛がなくなります。通うたびに毛の量が減っていくので、効果を実感しやすいでしょう。

初めのうちはわきがが抑えられるか半信半疑に感じてしまいますが、じょじょにその効果を実感できるようになります。脱毛には時間がかかるため、施術を開始してから終わるまでには1~2年という期間が必要になります。始めたばかりの頃は、毛が減らないことに焦りを感じてしまいますが、繰り返すうちに減っていくのでそのような心配は無用です。

実際に脇脱毛をしたわきがの人の多くは、臭いが減ったことを実感しています。雑菌の繁殖が抑えられるためで、汗をかくことに対する恐怖心も薄らいでいくので、性格が明るくなったという人もいるほどです。脇脱毛には時間とお金がかかりますが、その効果は十分にあります。わきがで悩んでいる人が試す価値はあると言えます。汗を抑えるのではなく、雑菌を抑えるという新しい発想で考えると、脇脱毛と言うのはとても効果的な方法であることが分かります。