海外の人のワキガに対しての反応はどうなの?

日本でワキガというとあまり多くの人がなるものではないという認識があると思います。

人によってはおもしろおかしくバカにするような人もいないとは限りません。では海外の人のワキガに対しての反応はどうなのでしょうか。

欧米ではワキガは珍しくはない

特に欧米では日本よりもワキガ人口は多いです。

ですからワキガを病気とは思っておらずごく普通の体臭であると認識しています。ワキガの人口は人種や地域により違いがあります。

中でも比率が高いのが欧米でおよそ80%、特に黒人の人に至ってはほぼ100%がワキガ体質とされています。しかし、これは遺伝的な要素が強いので仕方ないともいえます。ワキガは優性遺伝しますから、同じ民族や地域に多いのです。

一方世界の中でワキガの人口が少ないのは東アジアです。日本人や中国人、韓国、台湾などです。ちなみに日本では人口当たり10%から15%、中国などは3%くらいです。

欧米ではワキガは普通の体臭

欧米などのようにワキガ体質の多い国では、ワキガの臭いは当たり前に生活に溶け込んでいます。

ですから、特別な事ではないのです。ワキガの人が多いですから病気などとは捉えられていません。

とはいえ欧米でも体臭対策はしています。実は欧米では日本以上に制汗剤とかデオドラント商品が売られています。香水も人気です。

来日したらワキガ手術が必要

ここに挙げたきたように国が変われば臭いに対しての捉え方は違う訳です。

ですから海外では自分の体臭に悩む事が無かった人が日本に来てから、気にしだす事があります。日本人はワキガに対して敏感なところがあるので、残念ながらワキガの臭いのせいでいじめに発展する事もあるようです。

このような事から外国人が日本に来てからワキガの手術を考えるケースが少なくありません。確かに日本人にとってはワキガの臭いは当たり前とは捉えてないですよね。海外のワキガ事情を知れば日本がワキガの人には生きにくい国であることが分かります。

大変な事ですが、ワキガ改善に努めた方が賢明と言えるかもしれません。対策はいろいろあるのですから、あきらめ必要はありません。いろいろと効果のある事を試してみましょう。