手汗女子は嫌われる?サラサラモテ体質へ

汗は臭いというイメージがあります。汗をかくと臭いを発するから、出来るものならかきたくないと思うものです。

女子がベトベト手汗をかいていたら嫌われてしまうと考えてしまうかもしれません。どうすれば嫌な手汗・身体の汗をかかないサラサラモテ体質にに変わることができるのか考えていきましょう。

汗は体温を下げたり、塩分や老廃物を排出する役割があります。ですので、無理に汗を封じ込めてしまうのは良くありません。

もしも、汗をかかなかったらどうなるのか、考えてみましょう。季節が夏の場合、汗をかくことで体温を下げていますから、どんどん体温が上昇して、熱中症になってしまいます。ですので、暑い夏に汗をかくことは、自分の体を守るために起こる体の正常な反応なので、むしろいいことです。夏とは反対に汗をかきにくい季節は冬です。だらだらと流れていかないのは楽ですが、汗をかかないことで、体に老廃物や塩分が溜まりやすい状態です。

その結果、出て行かなかった老廃物によってむくみの症状が表れるようになります。ですので、汗はかいたほうがいいのです。さらに、冬はあまり汗をかきませんが、厚着をしているので、蒸れやすい状態です。

汗腺の機能が鈍っていることもあり、良い汗が出にくいです。そのため、意外かもしれませんが夏よりも臭くなってしまいます。そして、汗にも質の良いものと、そうではないものがあります。質の良い汗はさらさらしていて、ほとんど臭いがありません。逆に良くない汗は、どろどろしていて臭いを発します。ですので、汗をかくと必ず臭いわけではないのです。

さらに言うと、汗の本来の姿は無臭です。しかし、それに雑菌が繁殖することで臭くなってしまいます。自分の体の臭いを減らすための大事なポイントは、質の良い汗をかくことです。では、どうしたらそのような汗をかけるようになるのか?

汗の質を左右するのは汗腺なので、ここを鍛えてあげます。普段から運動をする人は、そうでない人よりも汗腺が発達しているので、嫌な臭いはしないと言われています。ですので、軽く汗が出る程度の運動が大切です。

生活の中で身近なお風呂でも鍛えることができます。

40℃ぐらいの高温にゆっくり浸かって汗を出します。そうすることで、汗腺が活性化しやすくなります。だいたい15分ほどで出てくると思うので、それまで待ちます。出てきたら、体を洗ったり頭を洗うなど好きなことをするだけです。こんな単純なことを毎回お風呂で行うだけで、汗腺が鍛えられ、質の良い汗をかけるようになります。

良い習慣を積み重ねることで手汗もにおいも治まってきます。継続して行っていきましょう。

ファリネ